横浜市・川崎市の任意売却は任意売却センターへご相談ください






☆前記していますが、差押え、競売申立てをされても任意売却が出来ます。
任意売却を依頼した場合、その者が債務者を代理して債権者と交渉します。競売申立てされてしまった場合は、競売を取下げ、任意売却を成立させることができます。その際、債務整理などを弁護士の先生や司法書士の先生に依頼していたとしても、不動産の売却に関しては不動産業者に依頼することをお勧めします(餅は餅屋ということわざが昔からありますが…)。※交渉にあまり時間が割けない開札期日直前などは、債権者が競売を取り下げないケースもあるので、競売の申立てをされてしまった場合は、出来るだけ早く専門家へご相談する必要があります。

 

☆競売で落札されるより借入金の残高をたくさん減らすことが可能です。
不動産を「任意」で「売却」できるので・・・

@不法占拠などをされることがありません。(以前は競売でよくありました) A売却する不動産の室内状態を確認することが可能です B売却する不動産に関する詳しい情報が事前に得られます。etc・・・

不動産の所有者様が任意売却に協力することにより、競売落札価格より高額で買主に売却することができ、債権者により多くの返済が可能となります。

 

☆近隣の方々に知られずに売却できます。
不動産所有者が自発的に売却を依頼するため、通常の不動産売買と変わらず、プライバシーは保護されると思ってください。売却中だということが周知されたとしても、任意売却であれば通常の売却としての処理ですので、債務整理や競売といったことを知られずに売却できます。

 

☆案件ごとに柔軟な対応ができます。
弊社が不動産所有者様に代わって、債権者への返済計画の交渉を行いますので債権者が複数の場合でも心配はありません。
@話し合いにより納得して売却できます。 A話し合いにより引っ越し費用等の相談事も可能になることがあります。B話し合いにより不動産関係費用の滞納の清算等の一部の相談事も可能になることがあります。

 

 

任意売却の案件は、お客様ひとりひとりの事情やその所有されている不動産により、多種多様なケースが有り、 その解決方法も異なります。お客様と弊社とで入念な打ち合わせやヒアリング等を行ない、お客様ひとりひとりにとって最良の方法で対処して参ります。 また、お客様の状況に応じ、専門の弁護士や司法書士などの紹介も行ないます。先ずはメールもしくは電話にてご連絡下さい。

 

競売開始決定をされてしまった方への最近の傾向として、ダイレクトメール、突然の訪問及びインターネットや知人等からの情報などが入り交り、実際に悩んでいる債務者様にとって「何が最善の方法なのか?」「どこの誰に相談すれば良いのか?」など、分からなくなりがちで、悩んだまま、競売に至ってしまうケースが多いようです。

 

そのような事態は絶対に避けたいですよね!

 まずは一度、お気軽にご相談ください。

 専門スタッフが親切丁寧に

 
任意売却センター 運営会社
   

不動産Bank 横浜・川崎   賃貸Bank 横浜 川崎   ネイルサロン 横浜